ベネシュ新小岩店オーナーの駿河です。

こんにちは

o008901191327569576224

スタッフといっても唯一私だけです。(笑)

氏名:駿河英二郎

出身:岩手県滝沢村(2014年から滝沢市になるそうです。福田萌さんと同じ村です)

生年月日:4月17日 牡羊座

血液型:O型

資格:国際足反射研究会 1級ベネシュ国際足反射研究会1級免許
日本カイロプラクティック連合会 会員

足つぼマッサージとの出会い

初めて足のマッサージと出会ったのは大学生のころでした。
その時は特に知識があるわけではなく、大学の先輩が足をもんでくれというので、ぐりぐりすると痛がるので、ここぞとばかりに足を刺激していました。
しかし適当にやっているにもかかわらず、先輩がスッキリしたと言っていたのがなんだか不思議に思ったことを覚えています。

健康関係の仕事?

大学をそぐ行後某乳製品を取り扱う会社に就職しました。
この時に多少なりとも人の健康について勉強したのが生きていると思います。

ベネシュに出合う

IT系の仕事をしているときにボランティア活動をしていたのですが、その時交流していた他団体のかたがベネシュの活動を行っていたのがきっかけでベネシュに出合うことができました。

IT系の仕事も嫌いではなかったのですが、ボランティアをしながら、

「もっと人に喜ばれる仕事がしたい」

「流れ作業ではなく自分でなければいけない」

という思いが強くあったのと、何となく惹かれベネシュの研修会に参加してみることにしました。

足つぼの効果に衝撃を受けた

研修会には理論、実技両方あるのですが、まず趙会長や、会長夫人のリンダ先生の熱意に大きく心揺さぶられました。そして、デモンストレーションを見ていると、施術を受ける方の状態が変わっていくのが素人ながらわかりました。
「こんな治療ができるようになりたい!!」と思うようになっていました。

自分がやっても変化が

研修を受けた後、早速資格を取ろうと、練習を始めました。
はじめのうちはなかなか反射区をうまく押すこともできませんでしたし、
良くわからない部分もありましたがとにかく一生懸命やってみました。
そうすると五十肩でエプロンが結べないと言っていた叔母が結べるようになった!
と一度の施術で変化が明らかに出ました。
そこで足つぼのすごさ、ベネシュのやり方は効果が出やすいというのを実感しました。

転機

足の勉強をしてしばらくたったころ、勤めていた会社が経営難になり、それを期に本格的にベネシュの仕事をすることに決意しました(その会社は何とか乗り切ったようです)。

その後

高田馬場にあるお店、新宿店、恵比寿店を経て、現在新小岩です。

震災とBENESU新小岩店

BENESU新小岩店のオープンは2011年の3月10日でした。
そう震災前日だったのです。

希望と不安でOPENしたのですが、しょっぱなから大変なことになってしまいました。

でも、新宿の時のお客様や、恵比寿の時のお客様が様子を見にいらしてくださり本当にありがたかったです。

なんとかかんとか現在まで続けてこられたのも、そういった方をはじめ多くの方の支えあってのことです。

世の中には慰安系治療系様々なサロンや、治療院があります。

数多くのなかから選んでいただいていることに本当に感謝いたします。

まだまだゴッドハンドと呼ばれるようになるには時間がかかると思いますが、

今あるすべてをつぎ込んで、いらっしゃる一人一人が少しでも、症状がなくなり快適な生活ができるようにお手伝いさせていただければ本望です。

ベネシュの施術について

ベネシュの施術の仕方は一般的なリフレクソロジーと比べかなり痛いです。
これは慰安というよりも考え方が治療だからです。

この痛みがなかなか受け入れられなくて、続かない方も少なくありません。
そこに対するジレンマがないわけではありませんが、
「痛がらせた分は結果を出す」を心情にしています。

ベネシュのやり方は確実に結果が出てきます。
もちろん人によって効果が早く出る人もいれば、なかなか効果が出ない方もいます。

お客さんと一緒に健康になれる努力していきたいと思います。

足の大切さをもっと伝えていけたらと思っています。

内容はまた更新していきます。