外反母趾の方へ

外反母趾の方は歩き時に力の方向がまっすぐではないため、股関節のねじれが起き、腰が痛くなります。
そして放っておくと膝にも問題が出てきます。

さらに消化器系や頭部の疾患にもつながってきますので、早い解決をお勧めします。
外反母趾の原因は先天的なものを除くとほぼ靴にあります。
中足骨を締めない紐のない靴や緩い靴を履いたために、中足骨が開く(開帳足)ようになってきます。
そこに先の細い靴を履くと母趾が内側に曲がってきてしまいます。ハイヒール
歩行時足には体重の1.7倍の重さがかかります。60㎏の体重の方で約100㎏です。
この重さで一日一万ぽ歩くとすれば、片方で5000×100㎏=500tの重さがかかっていることになるので、数週間すると足の骨の関節は変形してしまってもおかしくありません。
歩いて生じた変形ですから解決するのも歩いて解決するしかありません。
施術の手ではベッドの上では良くなっても、生活習慣の中で元の状態に戻ってしまいます。
外科の手術で改善することができますが、生活習慣が変わらない限り、同じことを繰り返す可能性は否定できません。

間違った靴で間違った歩き方をして生じた関節の変形は良い靴で正しい歩き方をして解決してゆきます。
ベネシュの機能性靴で3ステップ歩行を一日一時間半年間続けてみてください。
後天的な外反母趾は期待する方向へと変化していくはずです。